せとかみかんの育て方~鉢植えの記録~

せとかみかん

ネット通販でトゲ無しせとかを購入。

1984年に農林水産省果樹試験場口之津支場(現・独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所カンキツ研究口之津拠点)において、タンゴールの「清見」と「アンコール」を掛け合せたものに「マーコット」を交配し、育成された品種である。系統は異なるが同じ交配パターンで別の品種として登録された柑橘として「麗紅」がある。

収穫期は育成地の長崎県で2月上旬から2月下旬。品種登録は2001年10月18日(有効期限25年)[1]。

日本における2010年の収穫量は3,156 トンであり、そのうち約70%が愛媛県で生産されている[2]。

年明け以降出荷される中晩柑として「はるみ」、「不知火」(デコポン)とともに市場の評価が高く、海外からも注目されている。近縁種の「麗紅」よりも(木に生らせたまま)収穫時期を遅らせることができ、収穫後の長期保存性も良いとされる[1]。

トゲが多い品種のため、果実の表面に傷が付きやすい。栽培にあたって高品質の果実収穫を目指すために、枝のトゲを切り取ったり果実の袋掛けが行なわれる場合もある。果皮およびじょうのう膜が薄く、食べやすいことから、大玉の傷の無い果実は贈答用として高値で店頭に並んでいる。長いトゲが、果実のカンキツかいよう病蔓延の原因や作業時の障害になるため、トゲなし系統の選抜が2001年より進められており2010年頃より「トゲなしせとか」の苗も発売されている(ただし、若木の間はトゲが出る)。

以上wikipediaより引用

2016年(H28)の記録

2016年2月購入

地植えするスペースも限られているため、鉢植えで育てることに。

トゲ無しせとかです。

2016年(H28年)の記録

2017年(H28年)5月

青々と元気に育っています。

カミキリムシ対策として不織布を巻いてあります。

2017年(H29年)の記録

2017年(H29年)3月11日

葉もそれほど落ちることなく、木自体は元気です。

貴重な果実には袋を2重でかけてあります。

3月中旬ごろだったと思いますが、収穫して食べてみました。

とってもみずみずしくておいしそうではあったのですが・・・

苦くて、食べられるものではありませんでした(涙)

寒さにやられてダメだったのかなぁ。来年もチャレンジです。

もし寒さが原因だとすると、かける袋の枚数を増やすしかないのかな?

2017年(H29年)5月14日

ごちゃごちゃしていて、見づらいですが新芽がたくさん出ています。

花もたくさん咲いていて、期待できそうです。

去年は4つ実を残しました。今年も同じくらい残したいと思っています。

トゲ無しと謳っているだけあって、トゲは気になりませんね。

また、虫もあまりつかないです。隣のデコポンはすごいですが・・・。

2019年(H31年)3月2日

枯らしてしまいました。自分には鉢植えは無理なようです。

申し訳ない。せとかは皮も薄いので、もっと暖かいところじゃないと厳しい気がしています。おとなしくメルカリの諫早ふみちゃん農園さんで、購入しておいしくいただいています。

2019年5月11日

枯らしてしまいましたが、芽が出てきたのでもう一度頑張ってみます。とにかく水やりが続かないので、自動散水システムを構築します。

2019年5月12日

自動散水システムを構築しました。

自動散水システムの構築

2019.05.12

2019年5月26日

成長が頼もしい。鉢植えはやっぱり水やりが大事です。

2019年6月8日

元気がない・・・というか枯れてる?

今度は水のやりすぎかな??

鉢植えは難しい。

2019年6月16日

完璧に枯らしてしまいました。デコレーションバーグを厚めに敷いていたため、コガネムシの幼虫は一匹もいませんでしたが、水やりのし過ぎですかね。

我が家で栽培中の柑橘類について

下記ページで我が家で栽培中の他の柑橘類も紹介しております。

ご覧いただけるとうれしいです。

我が家で栽培中の柑橘類(みかん、レモン)

2017.03.11

また、農薬の散布状況等の細かな記録はこちらでまとめていますので、あわせてご覧ください。

極早生温州みかん(秋の姫、日南1号枝がわり)の栽培記録

2017.01.16