40歳からの肉体改造計画~2019年から~

小学3年生の息子に「一緒に走りに行こう」と誘われたのは昨月(2019年8月)のはじめ頃。外を走ったのは一体いつぶりだろう・・・運動らしい運動全然してなかった(10年間くらい?)けど、久しぶりに走ったら気持ちいい!(歩きなみのスピードですが)ここ数年健康診断で赤や青の数字もチラホラ見えるようになってしまいました。健康はお金で買えない。何よりも大切なもの。

2019年9月22日現在 39歳、頑張るぞ!

基本情報

身長170cm 体重74キロ

2019年の記録

2019年8月8日

プリズナートレーニング 圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレ
ポール・ウェイド著を購入。

2019年9月22日

ほぼ毎日継続して走っています。

走る距離は1.5キロ~2.8キロくらい。それプラス簡単な筋トレ。

子ども用に買った室内用鉄棒があるので、それで斜め懸垂したり、アブローラーでコロコロしたりしています。体をかがめて懸垂のような形を挑戦するも、1秒も保持できないような状況です。きっとこれから成長するはず。

体重は何故か増える。体重76キロ。

気づいたこと

初めてまた1か月ちょっとですが、疲れにくくなっています。もともと土いじりが好きで、土日は結構、畑仕事をしているのですが、疲れ方が体感できるくらい違います。

2019年10月2日

勢いでハーフマラソンに申し込む。5か月後の2月23日が決戦の日である。

2019年10月4日

少し長い距離を走れる(歩ける!?)ようになってきた。

9月の結果は15ラン、31.57キロ 9.02”/kmとのこと。(スマホが壊れていた時期があるので、実際にはもう少し頑張っている。)

ほぼ歩きのペースだと思うけど、最初はこれで良いと思っている。

このペースでも膝が痛くなってしまう時期があったので、ケガしないように慎重にいきたいものだ。

ラン画像

計測はNike Run Clubを使用しています。結果が残るのでやる気につながる。非常に良いアプリだと思います。シャオミーのamazfit bipというスマートウォッチをもともと持っているので、これとNike Run Clubを連携させて心拍も図れるようにしているのですが、うまく図れないことも多くあり困っています。

ランニング用ウォッチを調べると、ガーミンというメーカーがよさそう。全く聞いたことがないメーカーであったけど、ランニング界隈では有名というか定番らしい。ちょっと高いんだけど、買ってしまうかも・・・。狙っているモデルはGARMIN(ガーミン) ForeAthlete 45です。

2019年10月11日

最近走ると膝が痛みます。走りたいけど膝が痛い。走り始めたばかりだから特にその思いが強い。

いろんなサイトを読んでいると、ゆっくり走れば1キロあたり7分くらいのペースになる・・・みたいなこと書いてあったりしますが、ゆっくり走るとキロあたり9分のペースになる。それで走っても膝が痛む。

懸命に走ってキロ当たり7分30秒くらいで、しかもすぐばててしまう。今はそんな状況です。

ちょうど史上最強と噂の台風19号が近づいているので、今日と明日はゆっくりします。

ところでGARMIN(ガーミン) ForeAthlete 45をゲットしちゃいました。

第一印象は「液晶があんまきれいじゃないなぁ」でした。液晶というかフォントなのかな?

下の画像は元々持っているxiaomi amazfit bip。写真だとあんまわかんないのですがこっちのほうが画面がきれいな感じを受けます。

ただamazfit bipはGPSがだいぶずれているように感じる(マップ上で追うと家の中を突っ切って走ったことになっていたりする)ので、45のほうではそのようなことがないことを期待しています。